created: 2020-03-28T05:37:28.000Z

ttyとは

プロセスは2種類に分けられる

  • シェルなど、ユーザのインタラクションを受け付けるプロセス
  • そうではないデーモンプロセス

この2つを区別するのが、「プロセスにttyがついているか」である

プロセスにttyがついている ?

「プロセスにttyがついている」というのは、プロセスの標準入出力が /dev/pts/0 といったファイルディスクリプタになっていることである

/dev/pts/0 ?

/dev/pts/0 といったファイルディスクリプタは擬似端末 (pseudo-terminal) のこと 今となっては何が擬似なのか分からない名前だが、 とりあえずユーザの入力を受付け、その結果の出力先となっているfdという理解でよさそうだ

つまり

bashなどのプロセスは、ついているptsから入力と出力を行うことができる つまり tty とはプロセスをインタラクティブに操作するための機能と言える