created: 2020-11-21T02:56:23.000Z

vercel をはじめてつかったときのメモ

だいたい思った通りのサービスだった

  • GitHub のリポジトリがアプリと対応する
  • master にマージすると自動的にデプロイが走る
    • master は常に動く状態になっていないといけない
  • デフォルトだと npm run build が走るけど違うコマンドにもできる
  • next アプリが rootDir にない場合はディレクトリが指定できる

GitHubAction と Firebase をいい感じに組み合わせたもの、という感じ。

ビルド環境

vercel のビルドは amazonlinux2 イメージで行われる。

なのでビルドスクリプトで amazonlinux2 にないコマンドを発行するとエラーになる

CLI

install は npm から

$ yarn global add vercel

login

ログインが必要。メールアドレスを聞かれるが、これは GitHub のプライマリのメールアドレスを答える。

$ vercel login

deploy

デプロイもできるが、デプロイしたい next アプリが rootDir にない場合は root まで登ってから実行する必要がある。

$ cd ../../
$ vercel deploy

dev

rootDir にいかないといけないのは vercel dev (ローカル開発用のコマンド) も同様

$ cd ../../
$ vercel dev