created: 2019-08-08T03:14:56.000Z

プロジェクトの.bigqueryrcの設定

  • bqコマンド、--maximum_bytes_billed とか、デフォルトで設定しておきたいオプションはある
  • .bigqueryrc というファイルを使うとbqコマンドのデフォルトオプションを設定できる

どのパスの .bigqueryrc ファイルが使われるか

デフォルトだと $HOME/.bigqueryrc なので、そこは工夫が必要

--bigqueryrc フラグが指定されていない場合は、BIGQUERYRC 環境変数が使用されます。これが指定されていない場合、パス ~/.bigqueryrc が使用されます。デフォルトのパスは $HOME/.bigqueryrc です。

プロジェクト .bigqueryrc ファイルを設定をする

direnvをつかって BIGQUERYRC 環境変数を設定する

export BIGQUERYRC=$(git rev-parse --show-toplevel)/.bigqueryrc

git rev-parse --show-toplevel で リポジトリのトップレベルのパスが取得できる

.bigqueryrc ファイルの例

サブコマンドごとに [サブコマンド名] で区切って記述する

[query]
--max_rows=2147483647
--maximum_bytes_billed=200000000
--use_legacy_sql=false