created: 2019-11-17T03:54:35.000Z

axiosでステータスコード404のときに例外をあげなくする

axiosはレスポンスのステータスが500でも404でも例外を投げてしまう

それで困る時、たとえば4xx系は許容したいときとかには
validateStatusというオプションがある

デフォルトだと以下のようなチェックになっているようだ

  • https://github.com/axios/axios/blob/1b07fb9365d38a1a8ce7427130bf9db8101daf09/lib/defaults.js#L78-L80

これを404は許容したいとカスタマイズする場合は以下のようにする

axios.create({
  validateStatus: status => (status >= 200 && status < 300) || status == 404
});